Vitec Group

沿革

Historyジッツオは1917年、アルセーヌ・ジッツホーベン(Arséne Gitzhoven)によって、フランスで設立されました。当初は写真業界でカメラ、ケーブルレリーズ、シャッター(日量750個)、フィルムパックフレームなどを製造していました。そして、1942年、第二次世界大戦によりいったん解散することとなりました。

1944年に生産を再開、1950年代に入って、三脚が製品系列に加わりました。
1960年には創立者アルセーヌ・ジッツホーベンが引退、彼の娘イボンヌ・プリジェール(Yvonne Plieger)夫人と彼女の夫が会社経営を引き継ぎ、高品質な三脚と雲台の開発に専念し、その製品は世界54ヵ国以上に輸出されました。

 

1992年、ジッツオは、プロフォトグラファー、放送局や映画製作者へのサポートを専門とする多国籍持株会社Vitecグループの一員となり、現在に至ります。
製品の卓越したクオリティーにより、ジッツオブランドの優秀さは、世界の写真産業界で高く評価されています。

History今日、ジッツオは、最も簡潔で最も解りやすく、そして洗練されたソリューションとして、可能な限りのカメラアクセサリーやサポートを創造し続けてています。しかし、ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。が、ミッションに対する熱意、哲学、伝統を持ち続け、このスピリットがジッツオを最も先進的で画期的な技術を持つパイオニアたらしめているのです。

「妥協のない高性能」「伝統に裏打ちされた品質」...これこそが、ジッツオをご愛用くださいらうフォトグラファーの皆さまに本物を使う悦びをお約束する、ジッツオの真価にほかならないと考えています。